出産内祝いを送る時期はいつなのか

出産内祝いは出産祝いのお返しとして贈る物で、お祝いをいただいた人に宛て、のし紙に赤ちゃんの名前で贈るため名前のお披露目の意味合いも含まれています。ここでは出産内祝いを贈るのに適した時期と贈る際の基本的なマナー、定番として適している品物について紹介します。産後はすぐに育児で忙しい日々が始まるため、産前の時間にゆとりがある時に住所リストをあらかじめ作っておき、品物のめどを付けておくと産後に慌てずに済みます。また出産報告は母子の健康状態を伝え、親しい人たちに安心してもらうために贈る物であるため、赤ちゃんの様子やお世話になったお礼を伝えるようにします。しかしながらあまりにだらだらと書きすぎると自慢話のような印象になってしまうため、相手への感謝と経緯を簡潔に書き記すよう心がけます。

出産内祝いを贈るのに適した時期とは

出産祝いのお返しは生後1ヶ月を目安に贈ることが基本です。また産後の慌ただしさで生後1ヶ月が過ぎてしまった場合でも、できるだけ2ヶ月になる前に送るようにします。この一方で生後1ヶ月を過ぎてから出産祝いをいただいた場合にはその都度内祝いを贈るようにします。内祝いを贈る際の基本的なマナーとしてまず、のし紙は紅白の蝶結びの物を選び表書きは「内祝」とします。名前のお披露目も兼ねているため赤ちゃんの名前を書き入れて、お礼状を添えて1ヶ月以内に贈るようにします。金額の目安はいただいたお祝いの3分の1から半額くらいが目安です。内祝いの品物は、贈る相手全員分同じ物にする必要はなく、相手の家族構成や好みを考えて喜ばれる物を選ぶようにします。この場合の定番にはお菓子やお茶などの嗜好品、タオルなどの日用品が挙げられます。

出産内祝いの定番商品と評判が良いもの

内祝いで一般的に定番とされる品物としてまず、お菓子や砂糖が挙げられます。お菓子であればクッキーやマドレーヌが良く贈られる他、砂糖は角砂糖やシュガークラフトが向いています。また紅茶やコーヒーなどの嗜好品も定番人気で、お菓子とセットになっている物を贈るという方法もあります。一方で内祝いの定番としてはタオルセットも挙げられ、食べ物の好みが分からない人に向いています。名入れの物もありますが、おじいちゃんとおばあちゃんまでにとどめるようにし、それ以外のよその人には名入れの物は避けた方が喜ばれます。この他にも何を贈れば良いのか分からないときなどはカタログ式ギフトや商品券も定番で、特に人気の物は食品が多く掲載されているカタログです。内祝いは赤ちゃんの名前のお披露目ですが、赤ちゃんの名前や写真入りなどはもらった人が困る場合が多いため、もらった相手のことを考えて贈るようにします。