出産内祝いでもらって嬉しい物とは?

我が子が生まれるという状況は、人生の中でもトップクラスの大きな出来事です。その最大の祝い事を、自分達と同じようにお祝いしてくれるのが出産祝いになります。子どもが、誕生するという新しい門出を品物やお金で祝ってもらうのは親としてなによりもうれしいことです。その感謝をお返しするのが出産内祝いになります。その時期は、地方により多少変わりますがだいたい生まれて1か月が過ぎてお宮参りをすませた頃にするのが一番多くなります。ただ、出産内祝いにはお返しをする世代や環境が違うので喜んでもらうにはその世代に合わせたものがいいです。最近では、好きなものを選択できるカタログギフトもとても人気があります。それ以外にも、世代別に嬉しい贈り物は色々と用意できます。

親戚や目上の人に喜ばれるものは

親戚や上司など、自分達の世代より上の場合は、特に好みもわからないことが多くあります。世代が植えいなると、ある程度のものは自宅にあるはずです。ここで、喜んでもらえるのがやはり昔ながらの一流ブランド品などが安心です。本物志向が高く、有名メーカーのものなら信頼ができると考える人が多い世代だからです。また、品物よりも誕生した赤ちゃんの名前入りの食器やタオルなども記念になるので喜んでもらえます。定番の品物に、名前入りのお菓子を付けるものいいやり方です。後は、写真を加工してマグカップなどにするのも記念になりまた、毎日使用ができるのでうれしいものです。一流ブランド品と言っても、今はブランケットやタオルなど手軽に購入できるものがたくさんあります。普段欲しいけれど、少し贅沢というものがポイントです。

同世代の友人や知人でも独身か既婚でも違います

まず、既婚者への出産内祝いには、やはり日常生活に使用できるおしゃれな食器や高級な果物や菓子などが人気あります。世代が同じなら、その好みもわかりやすく趣味に合わせた品物にすることが、うれしいものです。次に独身の場合には、今のトレンドを意識したものがいいです。食器などを贈る場合には単身なので数よりも質がいいものを贈ります。そして、普段使いができるものものなら日本製ではなく海外の有名ブランドの石鹸などもおすすめです。自分達のセンスが問われるのがこの独身世代の特徴です。出産内祝いは、我が子の誕生をお祝いしていただいたことへの感謝を込めてお返しするものです。相手の環境や、世代などは考慮して喜んでもらえるものを贈るのがマナーになります。そして、熨斗紙には子どもの名前を記入します。