初めてでも安心出産内祝いのイロハ

出産内祝いは、出産祝いをしていただいた方に対するお礼として贈るお祝いのことです。しかしもともとは、親しい身内の間で、出産というおめでたい出来事を喜び合うためのお祝いという意味があったのですが、現在では出産祝いに対する返礼という意味で行われているのが一般的だと言えるでしょう。ですが、お祝いを選んだり贈る際は、単なるお返しではなく、本来の意味である、喜びを分かち合うというという気持ちを込めることが大切だと言えるでしょう。また現在では、それほど作法にとらわれることなく、相手が喜んでくれるような品物や、記念になるような品物を贈る場合が見られます。しかし内祝いを贈る際は、その時期や金額についてのマナー、そして贈り物の選び方といった基本的なことを知っておく必要があるでしょう。

「贈る時期」と「金額の目安」について

出産内祝いを贈る時期については、出産から1ヵ月後あたりに贈るというのがマナーとされています。この時期はちょうど出産後に行う「お宮参り」の時期と重なるため、その時期を目安にするとよいでしょう。また、出産後は体調がすぐれなかったり、赤ちゃんのお世話で忙しかったりする時期でもあるため、できれば妊娠中に検討をしておくということも必要になるでしょう。そして、金額の目安については、一般的には出産祝いとしていただいた金額(品物をいただいた場合は、そのおおよその額)の3分の1~半分程度の額にする場合が多く、金額にすると2500円や3000円程度の場合が多いと言われています。ただし、高額なお祝いをいただいた場合は、一般的な目安に従ってお返しをすると、相手に気を遣わせてしまう場合もあるため、あまり高額になりすぎないようにすることも必要でしょう。

贈り物はどのようなものを選んだらよいのか

出産内祝いの贈り物の選び方については、誰にでも喜んでもらえるような、消耗品や日用品などが人気です。消耗品であれば、洗剤や石鹸などがありますし、日用品であればタオルなどが定番商品になっています。そして、職場などから連名でお祝いをいただいた場合は、多くのの人に分けることができるお菓子などを贈るのもよいでしょう。また、相手の好みをよく知らない場合などは、カタログギフトを贈るというのもよいと言えます。カタログギフトであれば、贈った相手が自分の好みに応じて商品を選べるため、基本的に失敗することがありませんし、一番無難だとも言えるでしょう。それに商品を選んでいる時間がない場合などは、カタログギフトにするとその手間が省けるため、忙しい人にとっても便利だと言えます。